2019.04.08

名古屋城

地元でありながら、しばらく行っていない名古屋城へ行って来ました。
天守閣は耐震性の問題で入場出来なくなっていますが、平成30年6月に復元公開された本丸御殿が目的です。
本丸御殿の玄関

桜が満開で観光客であふれていました。本丸御殿に入場するための行列は30分くらい並びました。天守閣は立派ですね。金シャチも輝いていました。

玄関です。玄関といっても一之間(18畳)、二之間(28畳)と2部屋もある。
金地の「竹林豹虎図」の障壁画が見事。ちなみにデジタル複製とのこと。
本丸御殿ではフラッシュを使わなければ撮影OKです。

表書院 正式な謁見に用いられた建物。上段の間は徳川義直が着座した部屋

欄間や金具も手が込んでいる。

貝が埋め込まれている金具

対面所 藩主が身内や家臣などとの私的な対面や宴席に用いた建物。京都や和歌山の四季の名所などが描かれている。

上洛殿 三代将軍家光の上洛に合わせて増築された建物で豪華な欄間や飾り金具がある。

豪華な彫刻欄間、裏側は別の模様がついている。

金具にも葵の御紋

襖にも漆の蒔絵が施されている

天井の板絵も上段の間は完成しているが、他の部屋は製作中らしい。

梅の間 台所の近く

板戸の金具に七宝が使われている。

徳川家康の顔パネ

抹茶ソフト このために30分も並んでしまった。食券を先に買っていなかったら諦めた行列。

名古屋城の見慣れた風景 やっぱり石垣が大事だな。

金シャチ横丁 名古屋飯もあったけど、混んでてパス。伊勢のおかげ横丁と比べると今一つ魅力が足りない

2019.03.19

笠間市のふた

笠間稲荷の近くで採集。カラー版がありました。笠間の菊らしい。

笠間稲荷

笠間稲荷へ行こうと歩いてたら忠臣蔵の大石内蔵助の像があった。大石邸址とあるけど、???
なんと忠臣蔵の浅野家は赤穂へ移封の前は笠間藩主だったんだそうです。

笠間稲荷神社 日本三大稲荷とも言うけど、やっぱり4番目かなあ。

鳥居をくぐって参道の両脇には土産物屋が並んでます。浅草寺の門前に似てる。
ただ、誰も居ない。

立派な楼門

拝殿 楼門と拝殿を繋ぐ左右の回廊には有名人の奉納した絵馬が展示されてました。

23番 佐伯山 正福寺

最初、ナビで笠間稲荷の駐車場を入れて出かけたんだけど、笠間稲荷の前に出てしまい、民間の有料駐車場はあるけど、どうしようかと迷った。
23番の正福寺を案内したら門前にあるのが笠間市営の駐車場だった。
最初、近くまで来たんだけどなあ。

駐車場の前から正福寺の参道。 つつじとか紫陽花が植えてあり、秋は紅葉も綺麗らしい。
御朱印は16時までと書いてあるので少し焦ってる。

本堂

天気よくて眩しい。

22番 妙福山 佐竹寺

本堂は1546年に建立されたもので 桃山時代 の建築を伝えるものとして重要文化財に指定されている。

駐車場は3,4台門前にあるけど、ちょうど工事をしててトラックが停まってたので横に路駐。仁王門は昭和15年の再建。金剛力士像は1708年の作という。

納経所は閉まっていてあれ?と思ったけど、奥の建物のチャイム鳴らしたらそこでOKでした。

偕楽園のマンホール

水戸の偕楽園で採集。好文亭と梅のモチーフ。ちなみに電気のマンホールみたい。

偕楽園

水戸の偕楽園。梅まつりの間は駐車場が有料で500円。せっかく無料駐車場を探して行ったのにね。
でも、桜山第一駐車場からそんなに遠くなかった。歩道橋にはエレベーターも付いてました。

吐玉泉 大きな大理石から泉が湧き出していました。

日本三名園の中でも偕楽園は入場無料。この好文亭は200円で見学できます。
昭和20年に空襲で焼失し、昭和30年に3年をかけて復元された建物です。

座敷の襖絵が見事でした。
梅の間

桜の間

中庭

2階からの偕楽園の眺めが絶景。200円払って是非とも見るべきです。

見晴広場の芝生にレジャーシート敷いてお弁当。良いお天気でした。梅は終わりかけです。

日本遺産だそうです。

柴又帝釈天

柴又の帝釈天へ行って来ました。JR南武線、横須賀線、都営地下鉄浅草線、京成本線、京成金町線と乗り換え、直通もあるけど乗った電車が途中までだったりして、かなり遠かった。
柴又駅前の寅さん像 左足の雪駄を触ると落とし物をしないらしい。

寅さんを見送るさくら像

とらや 第1作から第4作まで撮影に使用したお店

店内の座敷から2階への階段。見たことある感じ。

柴又名物の草だんご コーヒーセットで550円

こちらは焼きだんご 香りが良くて美味しい

帝釈天の山門 観光客で賑わっていました。

本堂。寅さんの映画でも良く出て来た境内

御朱印貰って来ました。

2018.07.03

スカイツリー

東京スカイツリーでランチです。

フォアグラ乗せハンバーグ・オムライス

サラダとスープ

食後のアイスコーヒー

この後、新東名を一生懸命走って帰りました。

カバン博物館

浅草のカバン博物館。鞄のエースの博物館です。
手に持ってるのは自分で作った鞄

色々な鞄が展示されてて、触ってみてもOKなのもありました。

鞄の発達の歴史のアンティークな鞄

オリンピック選手のスーツケース

フィギュアスケートの羽生くんの鞄

 

Next »