2018.07.01

21番 八溝山 日輪寺

坂東三十三観音の中で最も難所とされるお寺。
茨城、福島、栃木の三県にまたがる八溝山の八合目付近にある。
「八溝知らずの偽坂東」とは八溝山があまりに険しいために山上の札所まで行かずに
麓から眺めるだけで済ますことをいいます。

東北道の那須ICからたっぷり2時間は走ります。
ナビの言う通りに走っていたら県道28号に八溝山の鳥居があって登山道がありました。
この道がだんだん狭くなってヘアピンカーブの連続だし、路肩弱しの看板あるし、
両側から木が迫り出していて木の枝をかき分けて進むようなひどい道。
Uターン出来る場所はないしガイドマップには「車通れます」となっているので、とにかく進みました。対向車は1台も無し。

248

やっと到着。お参りして、御朱印を頂いた住職に「道狭いですね」と聞いたら
「どちらから来なさった。山頂の方からならあれは林道。帰りは右へ出ると県道248号がある。
しかし2年ほど前、通行止めになってたからナビは案内しないかも」
との事でした。県道248はセンターラインのある快適な道路でした。

本堂の横には大正時代に仮堂として建てられたこじんまりとしたお堂がありました。

御朱印

2018.05.30

リンク切れ

古いブログを見ていたら画像のリンク切れを多数発見。

サーバーを移転しているんだけど、ドメイン名ではなくサーバー名でリンクしてるページがあるのね。

1件ずつエディターで修正したけど、めんどくさい。

まあぼちぼちやるか。

ブログが調子悪かったりPC壊れたあたりの旅行が書いてなかったのも発見。

これもぼちぼちね。

ご当地ソフトの目次

これまでブログでご当地ソフトを紹介してますが、探すのが難しいので目次ページを作りました。

http://www.mick3.com/soft/index.html

2018.05.27

八女茶ソフト

九州自動車道を博多へ向けて走っていると八女を通過。
八女茶ソフトがあるに違いないと次の広川SAに寄ってみました。

ありました。八女茶ソフト(広川SA限定)

 

道の駅 大津

道の駅で休憩。大規模な道の駅で衣料品まで売っていました。
金運のカオパネ

熊本のエース くまもん。くまもんグッズも沢山売っていました。

はちみつソフト+ゆず蜜

熊本名物の 「いきなり団子」
サツマイモに栗が乗っているのを買いました。

草部吉見神社

戸隠から熊本へ向かう途中に「日本三大下り宮」という看板があったので寄ってみました。
確かにこんな看板もありました。

鳥居の前にて。

鳥居から100段くらいの階段を下りて本殿がある。普通は高いところに本殿が有って登って参拝するので、下がるところは珍しいらしい。

本殿。無人の御朱印もありました。300円を賽銭で入れてと書いてありました。

神楽殿。喫煙所の看板と灰皿がありましたけど、禁煙にした方が良いんじゃない?

鳥居の横には萌えキャラと声優の案内がというQRコードが案内されてたけど、繋がりませんでした。

 

高千穂神社

昨夜の夜神楽では神楽殿しか行かなかったので、朝にもう一度お参りしてきました。

鳥居は金属製でした。

参道。朝から掃除していました。

本殿前にて。

夫婦杉 二本の杉の根本が一つとなっており、手をつないで3回回ると夫婦仲睦まじく、家内安全で子孫繁盛の3つの願いが叶うと伝えられている。

 

 

2018.05.26

高千穂の夜神楽

宿の近くの高千穂神社で夜の8時から9時まで毎日夜神楽が行われている。
拝観料700円で神社までは宿のマイクロバスで無料送迎。
神楽殿には観光客が200人ほどは詰め掛けてぎっしり。畳の間に座るのでマイクロバスの座布団を抱えて行って座る。足の悪い人用に座椅子が数個マイクロバスに用意されていたが、借りて行かなかったのを少し後悔。1時間座っているのは足も腰も痛くなる。

手力雄の舞
天照大神が天岩戸にお隠れになったので、力の強い手力雄命が天岩戸を探し出す様子を表現している。

鈿女の舞
天岩戸の前で面白おかしく舞、天照大神を岩屋より誘い出そうとする舞

戸取の舞
手力雄命が岩戸を取り除いて天照大神を迎え出す舞で勇壮で力強く舞う。

御神躰の舞
イザナギ・イザナミの二神が酒を作ってお互いに仲良く飲んで抱擁し合い、極めて夫婦円満を象徴している舞。

客席へ降りてくるサービスもあり、男神に触ると子宝、女神に触ると金運に恵まれるとか。
いまさら子宝に恵まれても困るので金運の方をお願いしました。

 

ホテル四季見

天岩戸神社から今日の宿、ホテル四季見へ。
県道7号を走ってトンネルを抜けてすぐのところにホテルの案内看板を発見。
でもナビはその先の本町信号を左折と言うし。ナビを信じて進んだらバスセンター付近で案内終了。
でもホテルは見えない。すぐ近くでもわからないので、戻って案内版の路地を進む。
すれちがい出来ない農道のような細い道をくねくねと進むとホテルの前に着いた。
駐車場のホテルの人にナビが案内してくれないと言ったら、神の里、高千穂では電子機器が誤動作してうまく働かないんだとか??

夜神楽へ行くので早めの夕ご飯。
食前酒は竹筒で炙って温めた日本酒。

料理は地元産の食材中心のオリジナル料理。アロエの刺身初めて頂きました。

こちらは翌日の朝食。「自称、日本一の朝食」といいますが。ざるに入っているのでびっくり。

でも、はっきり言ってざるは食べにくい。古代米とかカレーもあったけど、なんか炭水化物ばっかりで日本一は、どうなのかなー。

 

天の岩戸神社

神話の天岩戸の伝承地となっているところで、天照大神がお隠れになった天岩戸という洞窟をご神体にした神社。
岩戸の岩を持ち上げる手力雄命の像。この岩戸を投げたところ長野県の戸隠へ飛んで行って山になったとか。

本殿前にて。ご神体の洞窟は川を挟んで対岸にある。頼めば参拝できるらしい。

天安河原まで10分と案内板があったので行ってみました。天安河原は天照大神が岩戸に隠れて暗黒になってしまったので、神々がこの河原に集まって相談されたという洞窟。
パワースポットだそうです。
途中にあった橋。

岩戸川に沿って遊歩道を遡っていきます。

戻ってきて鳥居の前にて。

天照大神の像が鳥居の前にありました。神社の中に居なくていいんでしょうか?
観光用の像で神社の神体とは関りが無い?ので鳥居の外に設置されているんでしょうね。

 

 

« Previous | Next »