2017.12.04

右が怖い時

右へ飛ばしてOBが多い。

右へ飛ぶのは手が浮いている。

肩が開いて手が浮く。手を低く通すと肩も開かない。

ドリル

左手1本で素振りして手を低く通す。

この後打つと真っ直ぐ飛ぶ。

ただし、腰が回っていないとダフるので、ダフりを避けようと浮いてくる。

2017.10.30

右へ飛ぶ

FWが右へ飛ぶ。
左肩が早く開いてる。
左肩を下げてキープして素振り。
そのイメージで打つ

膝を曲げて振る

ドライバーがトップ多発
身体が起き上がって、届かないので腕を伸ばしてアジャストしてる。
前傾キープで膝を曲げたままコンパクトに振るとジャストミートする。

2017.09.15

ドライバーのレッスン

右に飛ぶし、手前をダフる

右に飛ぶのを修正しようとリリースが早くなってダフる。

右へ飛ぶのは手では無く、左肩の開きを遅くする。

このためには、トップで腰が右を向いた状態で、回さずに左足へ踏み込んでから腰を回す。

しばらく右へ飛ぶのは無視して練習する事。

2017.09.11

プッシュアウトの原因

プッシュアウトしてしまうのは左が浮いてしまうから。

切り返しから腰を回そうとすると左肩も浮いてしまう。

左肩を浮かさずに腰を回すには、いきなり腰を回すのでは無く、左肩はそのままで左足に踏み込む。

いきなり腰を回すと左肩が浮いてしまう。

2017.09.01

ボディターンスイング

ボディターンスイングの練習ツール
100均で子供のボールとネックストラップの2点
首からぶら下げて二の腕で挟んで胃の前に固定して打つ。
落とさないように振るとボディターンでしか打てない。

アプローチは抜群に安定性が良くなる。

 

2017.07.03

アイアンのプッシュアウト

昨日の月例で8鉄のプッシュアウトが3発。

レッスンで聞いて見た。

ドリル

アイアンのヘッドを上げてボールの上を半円状に素振り。

ピンを狙おうとして方向を良くしようとすると、手を飛球線上に真っ直ぐに動かしてしまう。この時クラブヘッドはインからアウトへ動いてプッシュしてしまう。

大き目のクラブを捕まりすぎないように加減して振るときも右へ出易い。

2017.06.23

右手を緩める

  • トップで右手の掌を離す感じで緩める。

コックを深くする動きをすると遅れる。

緩めて切り返しで遅らせる。

遅れると遅らせるの微妙な違い。

2017.06.09

トップが大き過ぎる

ショートアイアンの練習

しっかりコック出来てればトップはグリップが肩の下くらいまでで、充分

トップが大きすぎて確実性に欠けてる

2017.04.07

ゆるゆるグリップ

トップから切り返しで右手グリップは親指をはなすくらいの気持ちでゆるゆるにする。中指、薬指、小指3本で引っかかっているくらい。

それで腰のリードで振れば肘から降りてヘッドが遅れてくる。グリップが力が入るとヘッドが遅れずダフる。

Next »